スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーブ はじめに

「バレーボールはサーブとサーブレシーブ!」と言われるほど、サーブはバレーボールにおいて非常に重要な要素です。


サーブ権を持っていてもサーブが入らなければ試合は始まらないし勝てるわけもないのですから当然ですよね。
しかし、この言葉はそれ以上に重要な意味があります。


サーブはある程度レベルが高いチームになるにつれても重要性を増してくるのです。
強いサーブを入れて相手のレシーブを崩し、チャンスボールをもらうか、二段トスからのスパイクを拾って自らのチームがしっかりと攻撃をする。
この展開がサーブに望まれるベストなパターンです。


サービスエースを常に狙いに行くほど強いサーブが必要であるという意味ではないのです。
確かに、そのような戦術の選択が必要になる場面もあるかもしれませんが、多くの人の場合、100%の力を出してサービスエースをねらうようなサーブを打つとサーブミスで終わってしまう可能性が非常に高くなるからです。


また、サーブミスは試合の流れを1本で変えてしまう可能性もあることから、極力するべきではないのです。
このことから、サーブを打つ心得として、サーブミスを最小限に減らし、チャンスボールを得ることができるようなサーブを打つ意識を持つということが重要です。


それでは各サーブの具体的なポイント部分の説明に入りましょう。
スポンサーサイト

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。