スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

このカテゴリーではおもにレシーブ、いわゆるスパイクレシーブについて説明したいと思います。


バレーボールは拾ってナンボのスポーツです。


バレーボールはサーブとサーブレシーブである、ということはサーブのページでも述べましたが、それに加えてこのスパイクカットの成功率が上がるとチームの実力は大きく上がります。


そしてさまざまなレシーブフォーメーションや戦略が存在するために、個人の技術のみならず、最もチームワークでその実力が増減するプレーの一つでもあります。





『レシーバーが一番偉い』という言葉は私が小学生のときの監督の言葉です。


まずレシーブが上がらなければ、攻撃のしようがありません。


また誰もがあきらめかけたボールが上がるとその1プレーでチームの雰囲気が一変することもあります。



そもそもサーブレシーブよりスパイクレシーブ楽しい!って人も多いのでは?


これから説明するスパイクレシーブのポイントを参考にして、ぜひレシーブでチームを盛り上げられるような選手に、レシーブで流れを変えられるようなチームに成長してください。

スポンサーサイト

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。