スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイクレシーブ時のポジション取り

今回は予測を基にしたポジション取りについて説明します。

バレーボールにおける予測の重要性については前のページで説明しましたが、実際に予測を基にしたポジション取りの一例をポジション別に説明していきます。
自分のポジションの説明をよく読んでみてくださいね。


まずレフトレシーバーの場合。
ブロックがきちんと2枚ついていれば、2枚のブロックの外側、サイドラインを左足で踏むぐらいの位置からクロスに抜けてくるボールを待つのが基本でしょう。
ブロックが1枚しかついていない場合はブロックが2枚ついている時よりも少し前に、コートの中央寄りに構えるパターンも考えられます。
それだけ相手アタッカーも気持ち良くブロックを抜いて打ってきますから。
相手のトスが近い場合は、フェイントを予測して前に詰めるのが鉄則です。
トスが長くアンテナの外側から攻撃してくる場合はインナー側に詰めて待ちます。
逆にトスが短ければ相手のアタッカーの攻撃力を考慮に入れつつ、少し後ろで構えることも頭に入れるべきです。
短いトスを叩きつけられるようなアタッカーであればもうお手上げ状態ですが、そうでない場合は少し下がってかまえて少しでも自分とバレーボールとの間に距離をとることが重要です。
それだけバレーボールの軌道を見極められますからね。

次にセンターレシーバーの場合です。
ブロックが2枚ついているときは基本的にエンドライン付近でワンタッチボールかコート真ん中へ飛んでくる軟打を待ちます。
ブロックが1枚や2枚でも間が空いている場合はブロッカーが塞げていないコース(ブロッカーとブロッカーの間やブロッカーの手の間)で待ちます。
また、アタッカーの癖にもよりますが、セッターの頭上を抜けてくるストレートのコースも意識しなければなりません。
センターレシーバーのポジショニングはチーム状況によって異なる場合も多いです。
クロスで深く構えるのか、ストレートに回るのか、しっかりとチーム内で話し合う必要があります。

今度はライトレシーバーです。
ブロックが2枚ついているときはストレート方向へのワンタッチボールかフェイントが来るのを意識します。
ブロックが1枚でストレート方向が空いているときは少し後方からストレート方向に抜けてくるボールを待ちます。
コート中央への軟打もライトレシーバーの守備範囲であることが多いです。

このようにさまざまなパターンが考えられますが、ここで紹介したのはごくごく一部で、相手アタッカーの攻撃力、癖、自チームのレシーブフォーメーションなど、いろいろな条件が複合的に重なり合って無数のポジショニングが存在します。
しかしその中でもボールが飛んでくる可能性の高い選択肢を瞬時に吟味して予測し、ポジション取りを行わなければなりません。
もちろんここに述べたことを参考にしていただければ幸いですが、正直スパイクレシーブのいわゆる「読み」は経験で培われるものが一番だと思います。


経験さえ積めば、言葉で説明する前に体が自然と動いているものです。
ただ練習を繰り返すのではなく、毎回自分なりの予測を立てて、それに対する結果と反省を繰り返すことが重要なのです。

次のページではスパイクレシーブの構え方について説明します。

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。