スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプサーブ

さて、いよいよジャンプサーブです。
バレーボーラーなら、一度はマスターしてみたいと思うサーブではないでしょうか。


ジャンプサーブにも、トスをあまり高く上げないものや、トスに回転をかけないものなど、色々ありますが、ここでは最もオーソドックスなバレーボールにドライブ回転をかけてトスをする形について説明します。
右利きなら右手でバレーボールにドライブ回転をかけたトスをあげ、右→左の足で踏み切って打つものですね。


まず、ジャンプサーブにおいて重要なポイントが2つあります。
・トスを安定させること。
・体の前方でしっかりとミートすること。
です。


まず、トスを安定させることについてですが、よく「ジャンプサーブはトスが8割!」と言われます。
これは本当で、トスを上げた時点でサーブが入るか入らないか、いいサーブが決まるか決まらないかが決まっているといえます。


重要なことはしっかりと自分が助走して踏み切れる高さのトスを毎回同じように上げられるようにするということです。
ジャンプサーブはフローターサーブのように100本連続で打てるようなサーブではないので、プロのバレーボール選手でもトスを上げるだけの練習をします。
つまりそれだけトスは重要だし、トスを上げる練習だけでも十分なジャンプサーブの練習になるってこと。


そして二つ目のポイントがバレーボールを体の前方(右肩の前)でとらえるということです。
これはスパイクでも同じですが、かぶってバレーボールを打っていては決していいサーブは打てません。
右肩の前でしっかりと肘を伸ばしてバレーボールをとらえることが重要です。
監督が選手のスパイクのフォーム矯正のためにジャンプサーブを打たせることもありますから。


空中ではスパイクのように全力で振り切ってはNG。
まず、ボールをしっかりと見て、きれいなドライブ回転がかけられるようにミートを心がけましょう。
いいトスが上げられて、空中でしっかりとミートすることができればそれなりのサーブが入るようになるでしょう。
ミートするときに意識することのポイントとしては、トスを上げてボールを見ながら、最も高い位置でボールをとらえるつもりで、「ここだ!」という位置にボールが来たときに自分がボールをきっちりミートできた時の手の感触をイメージしながら打つことです。


わかりにくいかもしれませんが、スパイクにしてもサーブにしても、少し”タメ”を作って「今だ!」というインパクトのタイミングを作ることは非常に重要なのです。
ボールに引っ張られるのではなく、自分がボールに合わせたうえで、余裕をもって毎回自分のリズムでボールをとらえることが重要です。

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。