スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダーハンドパス

バレーボールにおいて基本中の基本、アンダーハンドパス(以下アンダー)についてです。
このアンダーが思うようにできないとバレーは始まりません。


今回は初心者のためのアンダーパスのポイントを紹介します。



まず、おへその前で毎回安定してボールをとらえているか。
アンダーの基本は下半身です。
というよりバレーボールの基本は下半身、そして足を動かすことです。


自分の正面に飛んできたボールであろうと、1歩横に動いて取らなければならないボールであろうと、天井に当たりそうなほど高いチャンスボールであろうと、毎回同じフォームで同じようにパスしなければなりません。


そのために必要となるのが下半身の安定なのです。早い返球のボールや高いチャンスボールはおへその前まで待ち切れず、腕を振ったり膝が伸びきってボールをとらえる位置が高くなりがちです。


そうならないようにしっかりとひざを曲げ、重心を低くし、安定したレシーブフォームを意識してパス練習に取り組みましょう。



そしてもう一つはおへそを出していないか。
レシーブした後に手とおへそが近い位置にある状態ではいいレシーブフォームとは言えません。


初心者のバレーボーラーにはこのようにおへそが出ていたり、肘が曲がっていたりして、毎回安定したパスを出すことができない場合が多く見受けられます。
足を動かしてボールの正面に入ること(おへその正面でレシーブすること)、おへそを出さないようにすること、肘を曲げないようにすること、膝をしっかりと曲げて、重心を低くすること、などの点に意識して、日々のパス練習に励んでみてください。


基本的なパスの技術がとっさのプレーに出るものです。
自分はできているから、と思わず日々のパス練習を大切にしてくださいね☆


次回はオーバーハンドパスについてです。

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。