スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーバーハンドパス

今回はオーバーハンドパスについてです。


初心者でオーバーパスによる突き指で苦い経験をした方も多いのでは?
なるべくバレーを始めたばかりの方でも突き指をしないようにオーバーハンドパスを練習する方法については
パス・練習方法 オーバーハンドパス をご覧ください。


ではオーバーパスのポイントについて説明します。
これも足を動かしてしっかりとボールの下に入り、毎回安定したフォームでバレーボールをとらえるという点ではアンダーハンドパスと同じです。



そしてもう1点、重要なのが、どうのようなボールのキャッチをするかです。
オーバーハンドパスは大きく分けて、指と手首でボールをやわらかくキャッチするものと、比較的はじくような意識でパスするものとの2種類があります。


基本的に主流は前者のほうですが、汗をかいた時やバレーボールがぬれていた時などに滑りやすく、手から抜けやすいともいわれます。その点で後者のスタイルはバレーボールをはじくので滑りにくいと言われます。


要はバレーボールを手の中に保持する時間の長さの問題です。
ちなみに私はバレーボールをはじくスタイルのほうを使うことが多いと思います。
これはセッターのトスにも言えることですが、一般的にはセッターがバレーボールをあまり長い時間保持せず、早いタイミングでアタッカーに供給するほうが、アタッカーも打ちやすいと言われています。


このような立場から、今回はレアなスタイルである、バレーボールをはじくオーバーハンドパスについて説明しました。
よく意味が分からない、という方はお気軽にコメント欄からご連絡ください。



テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。